HOME > 手紙の常識

手紙の常識

手紙は、用件の内容や相手によって電話では失礼な時、大切な人に大切なことを伝えるためのツールです。せっかく誠意を持って、自分の気持ちを伝えようとしても、マナーを知らなければ、失礼にあたることも多々あります。

手紙の基本

電話では失礼なときや、冠婚葬祭に際する挨拶状や儀礼的な用件などのときには手紙を送りましょう。便箋の折り方は、文章が書かれている面を内側に和便…

葉書

葉書は、略式で、親しい友人への気軽なお知らせの手段となっています。目上の人や、込み入った内容の時には、手紙を書きましょう。葉書での自分の住所は…

時候の挨拶

手紙や葉書の文章には、いくつかの決まりごとがあります。「前略」はいきなり本題に入りたいときの用語です。「拝啓」ではじまったら「敬具」で終わるというの…

年賀状

元旦に年賀状が届くというのは嬉しいものです。年賀状は元旦に届くように、期日までに投函したいものです。前もって準備しておきましょう。喪中葉書が届くの…